こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

今日は安中市の整備工場様からご依頼を頂きレクサスLS460のインロック開錠にお伺いしてきました。

LS460インロック

LSの初代モデルはドアの開閉スイッチにトラブルがあるのか、このモデルのインロックは多いですね。

キーレスでドアの鍵を開けて運転席のドアを開いても、ドアの開閉スイッチが故障していると車側はドアが開いていても「開いていない」と判断してしまいキーレス開錠後、約30秒で自動的にロックがかかってしまいます。

このパターンでインロックをしてしまうケースが多いので、最近ドアを開けてもルームランプが点灯しなかったり、点灯するタイミングが遅い時があるなどの違和感があるときは早めの修理が必要です。

今回のインロックでは運転席ドアにある鍵穴から開錠させて頂きました。

レクサスLS460のインロック開錠

ドアノブ横のカバーを外すと鍵穴が見えてきます。

レクサスLS460の鍵は2トラックの内溝キーなので鍵穴からアクセスして開錠方向へ回すことでロックの解除が出来ます。

このモデルのLSは何度も開錠しているので今回も約5分で作業終了です。車体に傷をつけることなくすぐに開けられました(^^)/

レクサスの車は鍵穴からロックを解除すると全てのパワーウィンドウが自動で全開になりますので、雨の日の開錠などは気を付けないとサンルーフも開いてしまうので鍵穴を回す直前で雨対策をしておかないと車内に水が落ちてしまうので要注意ですね~

当店ではレクサスのインロックでも鍵穴から鍵を開けられますので、高級車でも車体に傷をつけることなくインロックの開錠が出来ます。

以外にもレクサスやベンツ、アウディなど高級車に限ってインロックが多いのでもしもの時はご相談ください。