伊勢崎市でメルセデスベンツW221のインロック開錠

 

こんにちは。
AT-1群馬ロードサービスの近藤です。

今日は午前中に伊勢崎市のお客様からご連絡を頂きメルセデスベンツ・SクラスW221のインロック開錠に行って来ました。

左ハンドルのSクラスなのですが、キーレスエントリーで鍵を開けて右の助手席側のドアを開けてエンジンをスタートさせ、その後も右の助手席から出て気が付いたらロックがかかっていたとの事です。

インロックのメルセデスベンツ・W221
(インロックのSクラスW221)

お客様のご自宅へ到着するとエンジンはかかりっぱなしで駐車してありました。

今回は左ハンドルのW221Sクラスですが、左の運転席側にある鍵穴からベンツ用の開錠器具で開けました。

ベンツインロック
(開錠直後のメルセデスベンツ・W221Sクラス)

ベンツの鍵穴は通常上下方向に向いていて、開錠方向へ回転すると横方向になります。

ただ、鍵穴が開錠方向になっただけではベンツのSクラスの鍵は開錠しないので、鍵穴が開錠方向に向いている状態でドアノブを2回引いてあげると運転席だけ鍵が開きます。

今回は車内に鍵があるので、一旦エンジンを止めて鍵を取り出してキーレスエントリーで鍵をロックとアンロックをすることでトランクのセキュリティも解除されます。

キーレスエントリーで鍵をロックとアンロックをしてあげないとトランクにセキュリティがかかってしまい室内から開錠出来るトランクオープナーが無効になっていますので、鍵穴から鍵を開錠した後は必ずキーレスエントリーで鍵をロックとアンロックを行ってくださいね。

今回の開錠作業では鍵穴から開けたので鍵の段差のメモもお客様に差し上げて、もしもまたインロックしてしまっても段差の数字がわかっているので鍵屋さんならその数字をもとに開錠出来ると思います。

ベンツの鍵は非常にデリケートで強固な鍵なので、インロックをしてしまった時は確実に開けられる業者さんを選ぶことが大切です。

当店ではメルセデスベンツのインロック開錠を確実に行うことが出来ますので、ベンツのインロックで困ったときは一度ご相談ください。