こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日は東京都のお客様よりお問い合わせを頂き、品川区でメルセデスベンツCLSシューティングブレークのインロック開錠に行って来ました。

お問い合わせをお頂いた当初は、当店の提携店での対応としてご案内をしていたのですが提携店とのタイミングが合わず、直接当店での対応となりました。

正式にご依頼を頂いたのが午後6:30分頃で、前橋市から高崎市へ移動中だったため品川へ向けて出発できたのが午後7時過ぎとなり、現場へ到着したのが午後9:30分ごろでした。

ショッピングモールの駐車場で指定された場所へ行ってみると、なんとベンツがいっぱい・・・( ゚Д゚)

メルセデスベンツCLSのインロック

ご依頼のCLSはリアがハッチバックになっているワゴンタイプの車で、安いほうのモデルでも800万円からの高額車でした。

現行モデルのベンツはインロックを起こさないような設計になっているそうですが、今回は着ていたジャケットのポッケに鍵を入れて、リアシートに置いたままドアを閉めたら鍵がかかってしまったそうです。

当店ではメルセデスベンツの開錠作業は得意としておりますので、現場へ到着後運転席の鍵穴から鍵穴を操作して数分でロックを解除できました。

CLSのインロック開錠

ベンツの鍵は鍵穴から開錠した場合、運転席のみの開錠となり運転席以外のドアは閉まったままです。

ドアを開けると警報が鳴りハザードランプもチカチカつくのですが、警報音は意外と小さくもうちょっと大きいほうが防犯になるんじゃないかと思いました。

それにしても、このCLSってドアの厚さにはビックリしますね~

普段使っている作業用のトラックの2倍から3倍くらいは厚みがありそうでした(^^♪

今回は行で2時間、品川滞在が30分、帰りで2時間でした。

メルセデスベンツの鍵は4トラックの特殊キーで確実に開けられる業者さんも少なく、高年式のベンツでは値段も高いことからベンツの開錠は行わない鍵屋さんも多いようです。

当店ではベンツのインロックでも素早く確実に開錠できますので、都内でも対応業者が見つからない時は是非ご相談ください。