こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

先週末は軽井沢町の宿泊施設様よりお問い合わせを頂きボルボXC90のインロック開錠とバッテリー上がりの救援作業に行って来ました。

ボルボのXC90は内溝タイプのウェイブキーが採用されております。

ウェイブキーの中では、それほど複雑な構造ではないのですがちょっと癖のある鍵ですね~。

XC90インロック開錠

ボルボXC90のインロック開錠

とりあえず鍵は開けられたので、次はバッテリー上がりの対応です。

今回のボルボは軽井沢町に3ヶ月くらい置きっぱなしの状態だったそうで、バッテリーは完全に放電してしまっていて、電気類の反応は全くありません。

ボルボXC90のバッテリーはトランク部分に格納されているのですが、ボンネット内の助手席側にバッテリーの電源確保用のターミナルがあります。

ここに当店のジャンプスターターをつなげてエンジンスタート。

ボルボバッテリージャンプ

ボルボXC90のバッテリージャンプ

ただ、問題はここからで完全に放電してしまったバッテリーなのでなかなか充電されず、約30分くらいのアイドリングでようやく自力によるエンジンスタートが出来るようになったけれど、エンジン停止状態で電圧がみるみる低下してしまうため、バッテリーの交換に変更となりました。

交換したバッテリーは当店の中古バッテリーで、通常使用で問題のないバッテリーを専用のバッテリー再生機でメンテナンスしたバッテリーを装着させて頂きました。

輸入車の場合はセキュリティ対策で待機電力の使用量が多いため、長期間の放置はバッテリー上がりに直結してしまうので注意が必要ですね。

当店では車の鍵の開錠作業の他、バッテリー上がりの救援業務も行えますので鍵やバッテリーでお困りの際は是非お問い合わせください。