こんにちは。
AT-1群馬自販ロードサービスの近藤です。

昨日はあさイチのお客様で片品村のオートキャンプ場でインロックをしてしまったとご連絡を頂き開錠作業に行って来ました。

お盆休みがはじまったばかりで、移動の最中も高速道路で渋滞していました。

関越道の沼田インターで下りてから、ひたすら片品方面へ向かいお客様からお伺いしていたロッジの看板を発見して現場へ到着です。

片品村でインロック

片品村でインロック

この看板の矢印通りに進むとオートキャンプ場が見えてきます。

オートキャンプ場でインロック

オートキャンプ場でインロック

現場はトラックの奥のほうなのですが、トラックはこれ以上奥に進むと出てくるのが大変との事でここから歩いてお客様の駐車場へ向かいました。

日産シルフィはギザギザタイプの鍵が採用されており、当店では鍵穴から開錠作業を行いました。

作業時間は1分程度で開錠作業は完了です。

日産シルフィのインロック開錠

日産シルフィのインロック開錠

今回のお客様はレンタカーでシルフィを借りてオートキャンプ場へ来たため、慣れない車で鍵をトランクに置いてあることに気が付かずトランクを閉めてしまったらロックされてしまったそうです。

セダンによくあるトランクだけ開錠させるボタンが付いているタイプの鍵は室内の鍵はかかったままの状態で、トランクを開くことが出来る機能があるので鍵をトランクに置き忘れたりカバンなどと一緒にしまってしまうと取り出せなくなってしまうので注意が必要ですね。

この時期は小さなお子さんが車内にいる状態でインロックをしてしまう事もあるので慣れないレンタカーなどでの鍵の操作は気を付けたいですね。

当店では群馬と埼玉と軽井沢周辺を対応エリアとして鍵のインロックの開錠作業を行っております。

もしものインロックで困ったときは是非お問い合わせください。